旧花岡邸

観光 鍋茶屋通

旧花岡邸は元古町芸妓で、清元や小唄の師匠として活躍した人物の住居兼お稽古場だった建物で、昭和9年頃に建てられたと伝わる。数寄屋風の意匠を随所に凝らした貴重な花街建築で、今後、古町の魅力を伝える建物の一つとして保存・活用されることが期待される。

営業時間特別公開日のみ観覧可能
定休日
電話番号
ホームページ